鹿児島県上野原縄文の森 (公財) 鹿児島県文化振興財団上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター (公財) 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
MENU

公益財団法人 鹿児島県文化振興財団 埋蔵文化財調査センター

鹿児島県上野原縄文の森 HOME 公財 鹿児島県文化振興財団鹿児島県上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター 公財 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター

カテゴリー: クローズアップ

報告書作成・整理作業が始まりました

令和4年度の報告書作成・整理作業が始まりました。

今年度は,萩ヶ峰(はぎがみね)A遺跡(鹿屋市),平佐焼窯跡(ひらさやきかまあと)群(薩摩川内市)は整理作業を行います。

北山遺跡(阿久根市),川久保(かわくぼ)遺跡(鹿屋市),小牧(こまき)遺跡(鹿屋市),石鉢谷(いしばちだに)B遺跡(鹿屋市)は報告書を刊行する予定です。ご期待ください。

各遺跡で今年度の作業が始まりました。

分類作業:土器の接合をするために土器の特徴で分類していきます。

接合作業:土器片を接合していきます。

復元作業:土器片を組み合わせて,もとの形がわかるように復元していきます。

山あり 川あり ~遺跡の立地を見る~

昨年10月から始まった鹿屋市石鉢谷B遺跡と薩摩川内市平佐焼窯跡群の発掘作業は,1月末日をもって無事に終了しました。関係者のみなさまありがとうございました。

さて,遺跡の調査では,遺跡がどのような場所にあるか,航空写真を撮影し,周りの地形といっしょに調査区を撮影します。

鹿屋市石鉢谷B遺跡の北には高隈山が,薩摩川内市平佐焼窯跡群の西には川内川があり,なぜそこで人々の暮らしが営まれたのか,空を飛んでいる気分でご覧ください。

鹿屋市白水町石鉢谷B遺跡(写真中央が調査区)

薩摩川内市天辰町平佐焼窯跡群(写真中央が調査区)

「かごしまの遺跡26号」を発行しました!

(公財)鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センターの広報誌「かごしまの遺跡」第26号を1月31日に発行しました。

今回は平佐焼窯跡群(薩摩川内市)と薩摩焼について特集を組んでいます。

また, 今年度発掘調査を行った北山遺跡(阿久根市)、石鉢谷B遺跡(鹿屋市)の成果や発掘調査、整理作業の体験などについても掲載していますので、ぜひご覧ください!

かごしまの遺跡第26号(PDF)

鏡もち!のような石皿

年の瀬を迎え,正月飾りが店頭に並ぶこの頃,遺跡にもめでたい発見がありました。
鹿屋市石鉢谷B遺跡では,直径40㎝ばかりある巨大な石皿が見つかりました。きれいな花崗岩で,表面がつるつるとしています。

現在,縄文時代晩期(約2,500年前)の包含層を調査中です。調査はいよいよ大詰めを迎えます。

現地説明会を開催しました!~北山遺跡(阿久根市)

12月4日(土),北山遺跡(阿久根市)で発掘調査の現地説明会を開催しました。当日は晴天にも恵まれ,地域の住民をはじめ100人ほどの見学者がありました。

見学者は掘立柱建物跡などの本物の遺構を前に説明を聞いたり,これまでに出土した遺物を見学したりしました。

また,発掘調査を体験できるコーナーでは,子どもから大人まで多くの参加者で賑わい,あちこちで遺物を見つけて歓声をあげる光景も見られました。

当日の資料は,こちらのページからダウンロードできます。

当日は多くの方々に来ていただきました

堀立柱建物跡があった場所での説明

土器や石器が見つかったかな?

どこから来たの? -土器から見える文化の交流-

10月21日、22日、小牧遺跡(鹿屋市串良町)から出土した弥生時代から古墳時代の土器の特徴について、専門の先生方から指導・助言をいただきました。

熊本・宮崎から搬入されたと考えられる土器についての指導助言の様子
今回の指導では熊本平野や宮崎平野の土で焼かれた土器が出土していることが分かりました。当時の人々の交流の広さについて考える上で貴重な成果となりました。

鹿児島の土器と比較して検討している様子
今年度末に刊行する報告書の中で詳しくお伝えしますね。

文化の日に現地を公開しました(平佐焼窯跡群)

11月3日は文化の日。午前中は,平佐西地区歴史さんぽの皆さんを遺跡へご案内し,午後からは現地説明会を開催しました。天候にも恵まれ,絶好の見学日よりでした。200名以上の方々にご来場いただきました。ご来場いただいた皆様,ありがとうございました。

1号窯跡説明中
発掘調査の様子も間近で見学してもらいました。

発掘調査の様子を説明しています
1日限りの展示館も盛況でした。

出土品の特徴を説明しています
当日の説明資料(PDF)は,こちらからダウンロードできます。(画像をクリックしてください。)
説明資料(表面)

説明資料(裏面)

発掘調査で活躍するもの(平佐焼窯跡の発掘調査)

地面を掘れば土が出ます。発掘調査も同様で,調査を進めれば進めるほど,大量の土砂が発生します。これを運び出すための便利グッズがベルトコンベアーです。
平佐焼窯跡群の発掘でも大活躍しています。複数台を連結させて効率的に排土を処理していきます。ちなみに,ベルトコンベアーの先では,こんな風に土砂が堆積します。
10月から始まった窯跡の発掘調査も順調に進んでいます。発見された窯の床には,操業当時に床に付着してしまった磁器が残されていました。
暑さも少しずつ和らいで,発掘日和が続いています。(写真は調査区と休憩所との間の竹林)

 

ただいま,発掘調査中! ~平佐焼窯跡群(薩摩川内市)~

10月から調査をはじめた平佐焼窯跡群では,徐々に遺跡の様子がわかってきています。
 

窯の床と壁でしょうか。高温で熱せられたため,表面が溶けてガラス化している場所が見つかりました。ガラスを割らないように,ハケを使いながら,慎重に検出していきます。

 

遺物の中には,こんな器のかけらも確認できました。「松山」と読めます。窯の名称でしょうか。

まもなく調査開始です~石鉢谷B遺跡(鹿屋市)~

10月からの調査開始に向け,遺跡の表土剝ぎを実施中。はじめに,生い茂る雑草や,竹木の根を除去していきます。
10月が近いですが,夏の青空がまだ残っています。
石鉢谷B遺跡は鹿児島湾に面しており,対岸には開聞岳も見えるロケーションです。