鹿児島県上野原縄文の森 (公財) 鹿児島県文化振興財団上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター (公財) 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
MENU

鹿児島県上野原縄文の森

鹿児島県上野原縄文の森 HOME 公財 鹿児島県文化振興財団鹿児島県上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター 公財 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター

見学エリア

上野原遺跡は,縄文時代から中世までの複合遺跡です。特に,約9,500年前の2条の道跡とともに発見された52軒の竪穴住居跡群や調理施設とされる集石遺構と連穴遺構などは,九州南部地域における定住化初期の様相を示す集落跡です。

さらに,約7,500年前の埋納された一対の壺型土器や土偶,耳飾り,異形石器などの多彩な出土品は,縄文文化がいち早く花開いた九州南部の特色を示すものとして注目されています。

上野原縄文の森は,「見学エリア」と「体験エリア」の2つに分かれています。

「見学エリア」はクヌギ,コナラ,クリなどの落葉広葉樹の森の中にあり,「遺跡保存館」「復元集落」「地層観察館」「上野原縄文の森展示館」などの施設があります。

上野原遺跡の いろいろ を知るために

見学エリア全景

○上野原遺跡について知りたい!
 > 上野原遺跡の紹介

○発見されたものについて知りたい
 > 上野原遺跡の主な出土品

○発掘調査当時の姿を知りたい!
 > 遺跡保存館へ

○9,500年前のムラの様子を知りたい!
 > 復元集落へ

○上野原の地形の様子を知りたい!
 > 地層観察館へ