鹿児島県上野原縄文の森 (公財) 鹿児島県文化振興財団上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター (公財) 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
MENU

鹿児島県上野原縄文の森

鹿児島県上野原縄文の森 HOME 公財 鹿児島県文化振興財団鹿児島県上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター 公財 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター

カテゴリー: 縄文の森

6月2日以降の上野原縄文の森の利用について

6月2日以降の施設の利用については,新型コロナウイルス感染症に伴う国及び鹿児島県の対処方針に基づき,以下のとおり取り扱いますので,御理解・御協力をお願いいたします。
なお,今後発出される国や県の新たな方針等により,取り扱いが変更になることがありますので当園のHP等でご確認ください。
【県外の方の利用について】
北海道,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県(5月25日時点の特定警戒都道府県)にお住まいの方は,令和2年6月2日(火)から6月18日(木)までの間,御利用を御遠慮くださるようお願いします。
【展示館ご利用のお願い】
(1) 発熱,咳・咽頭痛などの症状がある方は入館をご遠慮ください。
(2)  手指の消毒
(3)  マスク着用
(4)  他者との間隔(できるだけ2mを目安にしてください)
(5) 来館者多数の場合の入場制限
※ 館内の各室ごとに収容人数を掲示しています。
(6)  受付の際に,連絡先等のご記入をお願いしています。
【当館の対応】
(1) 館の出入り口に,消毒液を設置
(2)  スタッフのマスクやフェイスガードを着用して対応
(3)  飛沫感染防止のためのビニールシートの設置(受付)
(4)  定期的な換気
【体験学習館ご利用のお願い】
こちらをご覧ください。

体験学習館の再開について(お願い)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため,体験学習館を閉館しておりましたが,6月2日(火)から再開します。
体験学習館の再開にあたり,館内での「密閉・密集・密接」を防ぐため,体験活動は事前予約制となります。また,感染症の予防・拡大防止のため,次のような取り組みを行います。

皆様には,ご迷惑とご不便をお掛けすることになりますが,ご理解とご協力をお願いいたします。

 体験学習館での取り組み
⑴ 発熱,咳・咽頭痛など症状のある方の入館禁止
⑵ 体験学習館内でのマスクの着用
⑶ 入館時の手指の消毒,こまめな手洗い
⑷ 非接触タイプの体温計を用いた体温の確認
(検温の結果,37.5℃以上の発熱が確認された場合,ご利用のお断り)
⑸ 体験者の名前・連絡先の記入
⑹ 体験利用者数の制限
⑺ 県外来館者の入館を制限
⑻ 定期的な換気
⑼ スタッフのマスクやフェイスガードを着用しての対応
⑽ 飛沫感染防止のためのビニールシート設置(受付)
⑾ 体験学習で使用する机やイス,体験道具類等の消毒

 縄文体験のご予約について

 ○ 予約方法
電話または当園ホームページからご予約いただけます。申込フォームはこちら
(申込フォームからの予約はご利用の3日前までの受付となります。)

 ご予約時の確認内容
来館希望日,希望時間帯,縄文体験メニュー,体験個数,代表者名,体験者数, ご連絡先等確認させていただきます。

 ご利用時間
以下の時間帯で受け付けます。(体験時間は最大1時間です。)
1.  9:00~
2. 10:30~
3. 13:30~
4. 15:00~
*ご予約の時間から15分過ぎましたらキャンセル扱いとなります。

 縄文体験メニュー
以下のメニューから1種類の体験をお選びください。

 体験活動にあたってのお願い
・体験時間は最大1時間です。お時間になりましたらお声掛けします。
・時間内に完成できなかった場合は,お持ち帰りいただけます。
小学生以下のお子様は,保護者の方と一緒に活動していただくようお願いします。
・屋外で実施する火おこし体験については,体験者同士の間に十分な距離があればマスクの着用は必ずしも必要ではありません。(熱中症対策のため)

第57回企画展データファイル公開について

現在,上野原縄文の森では第57回企画展「御楼門建立(たつ)~発掘調査から解明された鹿児島(鶴丸)城の姿~」を開催しています。しかしながら,新型コロナウィルス感染拡大防止のため,当企画展をご覧いただけない方も多数いらっしゃいます。
そこで,企画展の見どころをまとめたデータファイルを特別にホームページ上にて公開いたします。
(タイトルをクリックすると,各章の内容をご覧いただけます。)

 

第1章:御楼門建立
「御楼門」とは?建設の意義,建設の様子,完成した御楼門などを写真等で紹介します。
第2章:昭和・大正・明治の鹿児島(鶴丸)城の姿
鹿児島大学医学部や文理学部,官立第七高等学校造士館が置かれた時代を紹介します。
第3章:江戸時代の鹿児島(鶴丸)城の姿
御楼門の礎石や地業等の基礎構造,排水溝,石垣の裏込め,石塁等の遺構や出土遺物について紹介します。
出土した様々な瓦
過去の発掘調査成果

第57回企画展講演会「御楼門周辺の発掘調査成果」(仮題)

企画展講演会
⑴ 日 時 令和2年6月6日(土)10:00~11:30
⑵ 講 師 県立埋蔵文化財センター 文化財主事 永濵 功治 氏
⑶ 内 容 「御楼門周辺の発掘調査」


⑷ 場 所 上野原縄文の森展示館多目的ルーム
⑸ 定 員 30人程度(要事前申込み・鹿児島県内在住者)
⑹ 資料代 100円

チラシはこちらから
申込フォームはこちら

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため下記の点にご協力をお願いします。
① 必ず事前にお電話,Hpなどでお申し込みをお願いします。
② 当日,37.5℃以上の発熱,咳,咽頭痛などの症状のある方はご参加いただけません。
③ マスクの着用,入館時の手指の消毒をお願いします。
④ 参加者は県内在住の方に限らせていただきます。
⑤ ギャラリートークは3密をさけるため,中止とさせていただきます。展示館の見学は,講師より「見どころ」解説を講演会でご案内した上で,見学いただけます。(1回の入室15人定員入れ替え制)

第57回企画展「御楼門建立~発掘調査から解明された鹿児島(鶴丸)城の姿~」

上野原縄文の森 第57回企画展
「御楼門建立~発掘調査から解明された鹿児島(鶴丸)城の姿~

開催期間:令和2年4月25日(土)~令和2年7月5日(日)

 2020年3月,城下町鹿児島のシンボルである鹿児島(鶴丸)城「御楼門」が完成しました。
県立埋蔵文化財センターが,鹿児島(鶴丸)跡保全整備事業に伴い御楼門周辺の発掘調査を行った結果,礎石や地業等の御楼門の基礎構造や,排水溝,石垣の裏込め,石塁等の遺構を確認し,鬼瓦をはじめとする瓦や陶磁器等,江戸時代の場内の様子を物語る遺物も多量に出土しました。
今回の企画展では,御楼門付近の発掘調査成果を中心に,これまで知られていなかった鹿児島城の機能や構造を紹介し,あらためてその姿に迫ります。
(各タイトルをクリックすると簡単な説明をご覧いただけます)

企画展講演会
⑴ 日 時 令和2年6月6日(土)10:00~11:30
⑵ 講 師 県立埋蔵文化財センター 文化財主事 永濵 功治 氏
⑶ 内 容 「御楼門周辺の発掘調査」


⑷ 場 所 上野原縄文の森展示館多目的ルーム
⑸ 定 員 30人程度(要事前申込み・鹿児島県内在住者)
⑹ 資料代 100円
申込フォームはこちら

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため下記の点にご協力をお願いします。
① 必ず事前にお電話,Hpなどでお申し込みをお願いします。
② 当日,37.5℃以上の発熱,咳,咽頭痛などの症状のある方はご参加いただけません。
③ マスクの着用,入館時の手指の消毒をお願いします。
④ 参加者は県内在住の方に限らせていただきます。
⑤ ギャラリートークは3密をさけるため,中止とさせていただきます。展示館の見学は,講師より「見どころ」解説を講演会でご案内した上で,見学いただけます。(1回の入室15人定員入れ替え制)

上野原縄文の森の再開について(お願い)

新型コロナウイルス感染症に関して緊急事態宣言が出されたことに伴い、4月18日から臨時休園をしておりましたが、5月8日から利用を再開いたします。
なお、当園では、感染症の予防・拡大防止のため、次のような取り組みを行わせていただきますので皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

(1) 発熱,咳・咽頭痛などの症状がある方の入館禁止
(2) 入館時の手指の消毒
(3) 園内でのマスク着用
(4) 展示館来館者との間隔(できるだけ2mを目安に)の保持
(5) 来館者の混雑状況に応じた入場制限
(6) 感染発症の際の,入場者の名前・連絡先の記入
(7) 県外来園者の入館制限
(8) 飛沫感染防止のためのビニールシート設置(受付等)
(9) 定期的な窓の換気

上野原縄文の森開館のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,上野原縄文の森を5月6日まで臨時休園しておりましたが,感染防止策を講じた上で,5月8日(金)から開園いたします。
なお,体験学習館は引き続き,閉館とさせていただきます。

■ 開園日
令和2年5月8日(金)

体験学習館予約申し込みフォーム

縄文体験の利用申し込みは,以下のフォームへ必要事項を入力いただき「送信」ボタンを押してください。
当園では新型コロナウィルス感染拡大防止のため体験学習館利用のとおりの取り組みを行いますので,皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。
※受信が完了したら,入力いただいたメールアドレスへ受信完了メールがとどきますが,予約確定はしておりません。空席状況を確認し,担当者より連絡を差し上げた時点でご予約確定となります。
不明な場合は,電話でおたずねください。

日程(月/日)必須
※利用日より3日前までの予約を受け付けます。それ以降のご利用につきましては電話でご相談ください。
時間必須
希望の縄文体験メニュー必須
希望の体験個数必須
代表者名(カナ)必須
人数(含代表者)必須
電話番号必須
※日中,連絡のとれる番号(連絡事項がある際に使用します。)
メールアドレス必須
その他連絡事項がありましたらご入力ください。
ご記入いただいた個人情報は、「公益財団法人鹿児島文化振興財団の個人情報保護方針」及び、「鹿児島県個人情報保護条例」等に基づき、適切に管理し、第三者に開示することはありません。




おうちで感じる上野原縄文の森2~ぬり絵で学ぶ縄文時代~

上野原遺跡では,土器や石器のほかに当時の人が暮らしていたムラの跡が見つかりました。

昔の人たちはどんな暮らしをしていたのでしょう?

今回はそんな縄文時代の人々の生活をじょうもんくんがイラストで紹介します。

イラストをクリックすると,ぬり絵をダウンロード出来ます。

ぬり絵をしながら,縄文時代の暮らしについて知ろう!

(イラスト横の文章をクリックすると,詳しい説明を見ることが出来ます)

大好物のお肉をほおばるじょうもんくん
(縄文時代の食生活)
縄文時代のおうち
(縄文時代の住まい)
火をおこそう!
(上野原縄文の森の火おこし)

 

おうちで感じる「上野原縄文の森」

上野原縄文の森は,4月18日(土)~5月6日(水)までの期間,新型コロナウィルス感染拡大防止のために臨時休園となっております。

皆さんもおうちで過ごす時間が長くなっていると思います。
そこで,おうちの中でも上野原縄文の森の様子を少しでも感じていただけるよう,紹介動画を作りました!
今回は,「常設展示室」の一部をご紹介します。

いかがでしたでしたか?

今後も少しずつでも,上野原縄文の森の様子を紹介したいと思います。