鹿児島県上野原縄文の森 (公財) 鹿児島県文化振興財団上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター (公財) 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
MENU

鹿児島県立埋蔵文化財センター

鹿児島県上野原縄文の森 HOME 公財 鹿児島県文化振興財団鹿児島県上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター 公財 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター

カテゴリー: お知らせ

ホームページのメンテナンスのお知らせ

下記の期間,サーバメンテナンスのため「鹿児島県立埋蔵文化財センター」・「埋蔵文化財データベース」・「(公財) 鹿児島県文化振興財団 埋蔵文化財調査センター」のホームページが表示できず,ご利用頂けません。

ご不便をおかけいたしますが,何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【メンテナンス期間】
2024年3月6日(水)
10:00~17:00まで(予定)

【インスタグラム始めました】

インスタグラム開設しました。

これからインスタグラムでも発掘調査や遺跡の情報を紹介していきます。

ホームページやFacebook同様に,こちらもチェック&フォローをお願いします。

鹿児島県立埋蔵文化財センター(@kagoshima_maibun) • Instagram
https://www.instagram.com/kagoshima_maibun/

 

施設利用申込及び資料等貸出について

埋蔵文化財センターの施設・設備,埋蔵文化財センターが保管する埋蔵文化財及び埋蔵文化財に関する資料の利用及び貸出しについては,下記のページをご覧ください。
また,より適切な対応・処理のために,事前に連絡・相談をしてくださるようお願いします。
各申請書を提出されてから,貸出事務等が終了するまでに1週間程度を要します。余裕を持ってお申し込みください。

かごしま遺跡フォーラム2023 「掘り出された鹿屋の歴史と文化」

今回の「かごしま遺跡フォーラム」は,東九州自動車道建設や220号古江バイパス建設,吾平佐多線(吾平道路)改築に伴って発掘調査を行った鹿屋市内の遺跡を紹介し,その特性を明らかにします。また、遺物の展示説明や、パネルディスカッションを実施します。

〇日 時 12月2日(土) 午後1時~午後4時30分
〇場 所 鹿屋市串良公民館別館(鹿屋市串良町岡崎2087)
〇内 容 発掘調査成果報告,遺物展示,パネルディスカッション
〇参加費 無料
〇申し込み 不要

画像をクリックすると拡大します

会計年度任用職員(文化財発掘調査補助員)の募集について(さつま町虎居城跡発掘調査)

鹿児島県立埋蔵文化財センターでは,会計年度任用職員(文化財発掘調査補助員)を募集します。

詳しくは,下記募集要項(PDF)をダウンロードしてご確認ください。

会計年度任用職員(文化財発掘調査補助員)募集要項(PDF)

職務内容
埋蔵文化財の発掘に関わる業務
掘削,排土処理,運搬等

募集人員
20人

募集対象
以下の条件を満たしている方
1 指定された日及び時間に勤務できること
2 協調性があり,埋蔵文化財の発掘調査作業補助の職務に耐えうる者
なお,以下に該当する方は,応募できませんので御了承ください。
1 禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
2 鹿児島県職員として懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者
3 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した者

勤務時間
1 勤務日数
原則として月14日以内
2 勤務日
月曜日から金曜日までに勤務日を割り振ります。
※土曜日,日曜日及び祝日には勤務日を割り振りません。
3 勤務時間
午前9時00分から午後4時30分まで(正午から午後1時まで休憩時間,勤務時間6時間30分)
※ 所定勤務時間を超える勤務 原則として無
4 休暇
年次有給休暇
特別休暇(有給・無給)

勤務地
(勤務地)虎居城跡  鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地
(本 部)鹿児島県立埋蔵文化財センター 鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号

任用期間
令和5年11月1日(水)から令和6年1月26日(金)まで

報酬支払日
原則として毎月12日(毎月末日締切翌月支払)の予定

報酬等
1 基本となる報酬
日額:5,600~6,000円
※学歴・発掘作業経験によって変動有り。
※欠勤の場合,減額有り。
2 期末手当
なし
3 通勤にかかる費用弁償
一定の要件を満たす場合に支給されます。

退職金制度

加入保険等
雇用保険・災害補償制度の適用あり。

住宅

募集期間
令和5年9月1日(金)~令和5年9月15日(金)

上野原縄文の森第67回企画展「新発見! かごしまの遺跡2023」

上野原縄文の森第67回企画展が,7月22日(土)から始まります。

今回は,鹿児島県立埋蔵文化財センターと(公財)埋蔵文化財調査センターの発掘調査成果速報展です。

令和4年度の発掘調査・整理作業の中から,特に注目される成果を紹介します。

「一番新しいかごしまの昔」を,ぜひ上野原縄文の森でご覧ください。

 

まいぶんキット貸出事業が新聞に紹介されました

当センターが行っている「まいぶんキット貸出事業」を活用した授業が新聞で紹介されました。

南海日日新聞「土器に触れて歴史考察 縄文~中世の暮らしに思いはせる 大和中」(外部リンク)

奄美新聞「埋蔵文化財、触って観察」(外部リンク)

 

 

発掘体験がMBCニュースで紹介されました

現在発掘調査中の大願時跡(さつま町)で行った柏原小学校6年生の発掘体験が,MBCニュースで紹介されました。

詳しくは,下記のリンクからご覧ください。。

さつま町の小学生が室町時代の寺院遺跡の発掘を体験「地元に遺跡あって自慢できる」(外部リンク「MBCニュース」)