鹿児島県上野原縄文の森 (公財) 鹿児島県文化振興財団上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター (公財) 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
MENU

鹿児島県立埋蔵文化財センター

鹿児島県上野原縄文の森 HOME 公財 鹿児島県文化振興財団鹿児島県上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター 公財 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター

カテゴリー: 鹿児島県立埋蔵文化財センター

器台(南摺ヶ浜(みなみすりがはま)遺跡:指宿市十二町)

2か所に台をもつ,古墳時代の変わった器台です。表面は,なでた後にみがき調整が丁寧にされており,非常に鮮やかな赤色に塗られています。割れた状態でまとまって出土しましたが,破片が特徴的で,どのような形になるか想像がつきませんでした。しかし,接合を行ったらこのように独特の形になりました。これは,お墓にお供えされた土器で,葬送儀礼などにともない,その場で故意に壊したと考えられます。

 

「平織圧痕土器」(フミカキ遺跡:鹿児島市福山町)

縄文時代から弥生時代に移り変わる頃(紀元前8~6世紀)のもので,土器に布の圧痕が見られます。それ以前は編布(アンギン)が主流でした。この土器のものは,織ったのか編んだのか,謎のままです。

『鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書』(74) 「フミカキ遺跡」 (PDF)

 

奄美の煉瓦(れんが)造りの工場(久茲(くじ)白糖工場跡:瀬戸内町久茲)

幕末に薩摩藩が奄美大島に築いた,白糖工場を構成する煉瓦造りの施設です。

のちに銀座煉瓦街などを設計したイギリスの建築技師トーマス・ウォートルスが,日本国内で最初に手がけた建造物のひとつです。

非常に限られた部分しか残っていないですが,現存する国内最古の煉瓦造建築遺構として貴重な遺跡です。

『鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書』(194) 「敷根火薬製造所跡 根占原台場跡 久慈白糖工場跡」(PDF) 

ホームページのメンテナンスのお知らせ

下記の期間,サーバメンテナンスのため「鹿児島県立埋蔵文化財センター」・「埋蔵文化財データベース」・「(公財) 鹿児島県文化振興財団 埋蔵文化財調査センター」のホームページが表示できず,ご利用頂けません。

ご不便をおかけいたしますが,何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【メンテナンス期間】
2024年3月6日(水)
10:00~17:00まで(予定)

大型円形竪穴建物跡(二子塚B遺跡:曽於郡大崎町)

古墳時代の竪穴建物跡です。直径約10mの円形で,大型の竪穴建物跡です。古墳時代の竪穴建物跡では,県内最大級のものと考えられます。遺構内からは,成川式土器が出土しました。残り半分は未調査で残っています。

検出状況

貼床床面検出状況

完掘状況

空撮

 

土製品(中津野遺跡:南さつま市金峰町)

縄文時代後期(約4,000年前)の土製品です。ふたつとも土器の一部を再加工しています。左側は突起部分を使用して動物の形にしたのでしょうか。みなさんはどの動物に見えますか? ネコ? ウサギ?
右側は四角形に再加工したあとに線刻をおこなっています。「目」の形に見えませんか? 何かのモチーフに似ているような・・・。

陶器が語る歴史(垂水・宮之城島津家屋敷跡:鹿児島市)

かごしま県民交流センターの一帯には,江戸時代,垂水島津家と宮之城島津家の屋敷があったことが絵図等でわかっています。

発掘調査の結果,多くの陶磁器の中にまざって,花瓶の内側に,「御看経所」と記された陶器が出土しました。

「看経所」(お経を黙読する場所)が屋敷内にあったことを物語る文字史料とも言える遺物です。

『鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書』(48) 「垂水・宮之城島津家屋敷跡」

 

 

磁器製人形(里町遺跡:伊佐市大口)

手に日本国旗を持った,女学生の形をしています。近代(戦前)に作られた人形で,当時の世相を表しているものと思われます。

作業員さん達には,「里町遺跡」になぞって,「里子ちゃん」と呼ばれていました。

(大きさ7cm)

『鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書』(191)「里町遺跡」