鹿児島県上野原縄文の森 (公財) 鹿児島県文化振興財団上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター (公財) 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
MENU

鹿児島県立埋蔵文化財センター

鹿児島県上野原縄文の森 HOME 公財 鹿児島県文化振興財団鹿児島県上野原縄文の森 埋蔵文化財情報データベース 鹿児島県立埋蔵文化財センター 公財 鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター

カテゴリー: 鹿児島城便り

島津氏の居城である鹿児島(鶴丸)城跡は,現在,石垣修復工事に伴う発掘調査を実施しています。調査結果から,近世薩摩藩の政治・文化の中心地として,さらに西南戦争の激戦地としての様相が少しずつ明らかになってきました。
 このページでは,鹿児島城跡の発掘調査の様子を随時紹介していきます。

鹿児島城跡の本丸大奥推定地で江戸時代の生活跡を発見

 鶴丸城跡保全整備事業に伴い発掘調査を実施している鹿児島(鶴丸)城跡で,黎明館駐車場の下に江戸時代のものと思われる生活面が残存していることが確認され,1列に並ぶ柱穴の跡などが見つかりましたので発表します。

さらに詳しい内容についてはこちらの「報道発表」のページをご覧ください。

調査目的

 黎明館駐車場下にあると推定されている江戸時代の生活面の残存状況の確認。
 鹿児島城本丸と二之丸の間にあると古絵図に記載されている堀跡の確認。

調査期間

 令和3年5月24日(月)~6月18日(金)

調査成果

 調査成果江戸時代の生活面が残っていることを確認し,等間隔(約60㎝)で1列に並んでいる柱穴(直径約30㎝,円形)が8基見つかりました。そのうち,2基は礎石(縦×横×厚:20㎝×20㎝×15㎝)も見つかっています。

 出土遺物:土師皿(完形品),中国製磁器,国内製
 磁器(薩摩焼,肥前焼)

評価

 これまで,黎明館駐車場の下には,江戸時代の鹿児島城本丸大奥の生活面が残っていると推定されていました。今回の発掘調査で当時の生活面が残存していることを確認することができました。

 見つかった柱穴跡は,本丸大奥と御茶道通り(おさどうどおり)の境界を区切っていた塀跡である可能性もあり,今後鹿児島城内の土地利用を解明する手がかりとなることが期待されます。

 

遺構検出状況

 

鹿児島(鶴丸)城跡<火除地跡>の調査成果が南日本新聞に紹介されました

現在整理作業中の,鹿児島(鶴丸)城跡<火除地跡>の調査成果が南日本新聞に紹介されました。

くわしくは,下記のリンクをご覧ください。(南日本新聞のページへ移動します)

御楼門前に「犬追物」遺構 鎌倉以来の伝統示す 鹿児島県埋蔵文化財センター調査

鹿児島城跡の発掘調査が南日本新聞に紹介されました

現在発掘調査中の鹿児島城跡が南日本新聞で紹介されました。

くわしくは,下記のリンクをご覧ください。(南日本新聞のページへ移動します)

城山に鹿児島城建物跡 鬼瓦や基礎遺構も出土 「大手口」の存在確認 鹿児島市(南日本新聞 373news.com)

建物跡を探して~鹿児島城跡の発掘調査

 鹿児島城跡の発掘調査は,現在,城跡の範囲確認調査を行っています。

 11月は,照国神社裏から城山展望台への遊歩道階段横を,当時の建物の跡がないかトレンチ(確認用の穴)を数か所設定して,掘り下げています。

 今回のような近世の調査の場合,絵図や文献などの資料が残っていることが多いので,それらも参考にしながら調査をすすめていきます。

 今後の成果報告にご期待ください。

現場までは長い階段を登っていきます

トレンチ調査の様子1

トレンチ調査の様子2

 

鹿児島(鶴丸)城跡の調査開始

 6月1日(月),令和2年度の鹿児島(鶴丸)城跡の発掘調査が始まりました。

 今回は,北御門周辺の石垣修復工事等に伴う調査となります。石垣の解体・修復工事と同時進行で,どのような地形を利用して石垣を築いているかといった土地利用の方法や,石垣の背後や下部がどのようになっているかといった石垣の構造(造り方)などを調べていきます。
 どのような調査成果が得られるか,楽しみです。

完成した御楼門
修復を行う北御門の堀
工事・調査箇所の事前確認

鹿児島城跡の発掘調査が始まりました

鹿児島城跡の発掘調査が7月から始まりました。

前年度までの調査と同じように,トレンチ(確認箇所)を設定して掘り下げ,遺構がどの程度どれくらいの深さで残っているかを調査して記録します。今年度は,黎明館城山側や黎明館と国道10号との間を調査する予定です。

現在,鹿児島城跡の正面では御楼門建設が進んでおり,7月29日(月)には上棟式が行われました。復元に当たっては,御楼門の基礎部分や屋根を飾る鬼瓦など,これまでの発掘調査の成果も取り入れられています。

これからの発掘作業は暑さ対策も大切になってきます。体調管理に十分気をつけながら調査を進めていきます。

調査風景(黎明館の城山側)
地下レーダーを使った調査(黎明館駐車場)
昨年度までに見つかった瓦

 

 

 

 

鹿児島城の瓦の整理指導

鹿児島城跡の調査では,たくさんの瓦が出土しています。現在復元中の御楼門に使われていたと思われる瓦も見つかっています。瓦もその種類は様々で,軒丸瓦・軒平瓦・小菊瓦・鬼瓦などがあります。また,時代ごとに特徴が少しずつ違うため,それらの分類が重要になってきます。そこで,6月10・11日に,瓦の研究者である金子智氏を招いて瓦の分類や作成技術についての指導をいただきました。

このように,遺跡の発掘調査報告書は,作成担当者をはじめ多くの方々の協力によって出来上がります。

鹿児島城跡の発掘調査報告書の第一弾は,今年度刊行予定です。今回の指導内容も含め,発掘調査の成果報告にご期待ください。

鹿児島城跡で整理作業を行っています

今年度の鹿児島城跡の発掘調査は,整理作業も同時に行っています。なんと,発掘現場で整理作業をしています。これまでの調査で見つかった遺物(瓦など)の水洗い,接合を主に行っています。
また,瓦の専門家の先生もお招きし,鹿児島城跡で見つかった瓦を見ていただきました。復元される御楼門の瓦の選定の参考にする予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島(鶴丸)城跡現地説明会を開催しました!

2月24日(土)に,鹿児島(鶴丸)城跡にて,明治維新150周年記念鹿児島(鶴丸)城跡現地説明会を開催しました。
午後だけの開催にもかかわらず,452名という多くの県民のみなさまに参加していただきました。

当日の見学コース※上の画像をクリックするとダウンロードできます。